新幹線宿泊パック 損

新幹線宿泊パックが損な場合もある。

往復新幹線とホテルがセットになって、料金が抜群に格安な新幹線宿泊パック。
行き帰りとも同じ区間を新幹線に乗り、1泊以上宿泊する方にとっては本当にお得です。

 

このお得な新幹線宿泊パックが利用できないケースもありますが、それとは別に、新幹線宿泊パックを使うと「損してしまう」というケースもあります。

 

全国でもごく限られた珍しいケースですが、参考までにご覧ください。

 

新幹線宿泊パックを使って損するケースとは?

例えば、東京から京都・大阪・広島・博多へ行く場合など、他のどんな方法よりも格安に新幹線に乗れる新幹線宿泊パックですが、これを使うより、他の方法が安い場合があります。
その珍しいケースを2つご紹介します。

 

1.えきねっと「お先にトクだ値」で「往復」する場合

東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線に乗る時に、えきねっとの「お先にトクだ値」という格安なチケットを一人で往復予約できる場合、「お先にトクだ値」が安いので新幹線宿泊パックを使うと損です。

 

全国でも最も格安な25〜35%割引の「お先にトクだ値」。
乗車券2割引の学割と比べても、特急券もセットで割引になる分、こちらの方がお得です。

 

例)東京−盛岡

東京−盛岡を往復して5,300円で1泊すると・・・
お先にトクだ値30で片道9,950円、往復で19,900円、合計で25,200円。
新幹線宿泊パックで同じホテルの一人利用は26,700円、お先にトクだ値を使った方が安いです。

 

ただし、往復で「お先にトクだ値」を利用すると安いのですが、片道を「トクだ値15」、片道を「お先にトクだ値」で乗ると、12,790円+9,950円+5,300円=28,040円。
新幹線宿泊パックを使った方が安いです。

 

また、新幹線宿泊パックは2人以上で使うと安く、同じプランを2人で予約すると一人23,900円。
「お先にトクだ値」で往復する料金より格安です。

 

同じように、北陸新幹線でモバイルSuica特急券の「スーパーモバトク」を往復とも利用できる場合も、1人での往復なら新幹線宿泊パックより安いです。

 

安いのは「1人・往復」のみ

割引率が高い「えきねっと」も、1人で「お先にトクだ値」で往復する以外は、新幹線宿泊パックの料金には勝てません
往復とも「お先にトクだ値」が購入できない場合、また2人以上の場合は最安値にはなりません。

 

 

2.「新幹線自由席用早特往復きっぷ」を使う場合

この「新幹線自由席用早特往復きっぷ」が使えるのは、名古屋−新大阪のみ。
この区間限定で販売されている自由席専用のきっぷですが、これを使うと新幹線宿泊パックより安いです。

 

例)名古屋−大阪 5,000円で1泊

新幹線自由席用早特往復きっぷは往復で9,150円。
自由席しか使えませんが、1時間しかかからないのでこれで十分です。

 

この切符で往復して、5,000円のホテルに泊まると合計14,150円。
新幹線宿泊パックでは、こだまに限定しても15,400円でした。
新幹線自由席用早特往復きっぷは自由席、新幹線宿泊パックは普通車指定席を利用するという違いはありますが、料金だけを比較すれば新幹線自由席用早特往復きっぷの方が安いです。
なお、新幹線自由席用早特往復きっぷは、ゴールデンウィークなど混雑する時にも利用することができますが、満席で座れない可能性もあります。
時期によっては、新幹線宿泊パックで指定席を確保した方が安全です。

 

 

全国の全区間で調べたわけではありませんが、まず料金が逆転する可能性が少ないのはこの2つ。
新幹線宿泊パックを一人で利用する場合は、これ以外にも安い切符があるかもしれませんが、2人以上の複数で新幹線を利用する場合には、基本的に新幹線宿泊パックの方が格安です。

 

 

新幹線宿泊パックならこちらがおススメです!

日本旅行新幹線宿泊パック

日本旅行「新幹線+宿泊セットプラン」

 

全国のほとんどの区間では、他の切符より格安!
往復新幹線&ホテルは全てネット予約。
出発前までにチケットは自宅に届くので安心です。
3日前まで予約できますが、お得なホテルのプランは早く売り切れます。