新幹線宿泊パックに子供料金はある?

新幹線宿泊パックに子供料金はある?

新幹線パックにも子供料金の設定があります。
子供料金の対象年齢は、原則は6歳以上〜12歳以下の小学生です。
中学生以上は新幹線宿泊パックでも大人と同額。
小学生未満の乳幼児は、座席・ベッド等を確保するなら子供料金がかかります。

では、子供料金は通常きっぷと新幹線宿泊パックでどう違うのか?

 

通常きっぷ利用時

まずは、通常きっぷを利用する場合。
新幹線で子供料金がかかるのは、わかりやすく言えば「小学生」。
駅の窓口などで普通の切符を購入し、子供料金で新幹線に乗ると、料金は大人料金の半額です。
宿泊する時は、大人と同じようにベッド等を利用すれば、宿泊費は基本的に大人と同額です。

 

新幹線宿泊パック利用時

新幹線宿泊パックの場合、往復の新幹線とホテルの宿泊代がセットになっていますが、子供料金で利用しても全額が半額になるわけではありません。
半額になるのは新幹線(交通費)部分で、ホテルの代金は大人と同じ料金がかかります。
新幹線宿泊パックの合計料金を解体して調べると、おおよそこのような感じです。

 

それでも、元々の大人料金が安いので、通常きっぷを利用するより新幹線宿泊パックがお得
では、実際に子供料金を含む通常料金のきっぷと、新幹線宿泊パックの料金を比較してみましょう。

 

【例】名古屋〜広島往復 大人2人・小学生1人

■指定席通常料金
名古屋〜広島の指定席料金は大人一人14,490円、子供料金は7,240円。
大人2人・小学生1人で往復すると、合計で72,440円。
ここに一人5,500円の宿泊料金をプラスすると、合計で88,940円

 

■新幹線宿泊パック
同じホテルに泊まる新幹線宿泊パックで大人2人・小学生1人の合計は62,200円

小学生を含む料金を比べてみると、新幹線宿泊パックの方が合計約26,700円格安です。

 

小学生未満の子供は自由席か?新幹線宿泊パックか?

小学生の子供の場合は簡単なのですが、悩むのは「小学生未満の子供」。
小学生未満の子供は、新幹線は自由席に乗れば無料です。

 

しかし、新幹線宿泊パックで利用する座席は指定席。
「自由席に乗った方がいいのか?新幹線宿泊パックを使った方がいいのか?」が悩みどころです。

 

そこで、実際にかかる料金を比較してみましょう。
「小学生未満の子供は自由席か?新幹線宿泊パックか?」の比較をします。

 

同じように、名古屋から広島へ家族で旅行に行くという想定で、大人2人と小学生未満の子供1人。
これで往復・1泊の料金を比較してみましょう。

 

自由席を利用

名古屋から広島までの自由席料金は、大人一人13,540円。
小学生未満の子供の子供は自由席に乗れば無料なので、料金がかかるのは大人のみ。
往復で自由席を利用すると、大人2人の往復分で54,160円。
これに3人分の宿泊料金、1泊1人5,500円のホテルで16,500円をプラスして合計で70,660円。
子供のベッドは無しにして、添い寝にすると大人1人6,300円×2=12,600円プラスで66,760円。

 

新幹線宿泊パックを利用

新幹線宿泊パックの場合、小学生と同じように予約して、指定席で座席を確保することもできます。
同じホテルに泊まる新幹線宿泊パックを探して、大人2人、子供1人なら合計料金は62,200円。
子供を添い寝、新幹線も座席なしにすると、合計料金は51,600円。

 

 

小学生未満の子供の場合、ベッドや布団を別で確保するなら、自由席を利用した方が安いです。
しかし、新幹線の座席も寝具も必要でない小さな子供であれば、新幹線宿泊パックを使った方がお得です。

名古屋〜広島間ではこのような結果でしたが、東京〜広島などの長距離区間では、幼児も子供料金で新幹線宿泊パックを使った方が安いケースが多いです。
区間によって料金が違いますので、必ず比較してみましょう!

 

 

家族旅行にもおススメの新幹線ホテルパックです

日本旅行新幹線宿泊パック

 

日本旅行「新幹線+宿泊セットプラン」

 

往復新幹線&ホテルは全てネット予約が可能で、出発前までに自宅に届くチケットは超格安です!
1人での旅行より家族旅行の方が料金はお得で、小学生の子供料金も予約画面に明確に表示されるのでわかりやすいです。
3日前まで予約できますが、お得なホテルのプランは早めに売り切れます。