新幹線宿泊パックは直前予約・申込みできる?直前割は?

新幹線宿泊パックは直前予約・申込みできる?直前割はある?

まず、「直前割」について。
新幹線宿泊パックでは、基本的にはホテル予約のように直前割で値下げになることはありません。
しかし、中には「直前割」という名前がついた期間限定の格安プランも売り出されています。

 

次に、直前予約・申込みについて。
いくつかの新幹線宿泊パックでは、直前予約・申込みが可能です。

 

 

直前予約できる新幹線宿泊パック

日本旅行新幹線宿泊パック

 

日本旅行「新幹線+宿泊セットプラン」

 

直前予約は出発3日前までネットで申込み可能。
直前に予約しても、出発までに自宅に宅配でチケットが届きます。
さらに、西日本出発限定の「パッと乗レール」は、店舗でチケット受取りができれば2日前でも予約可能。
ただし、お得なプランは早めに売り切れてしまうので、可能な限り早めの予約をおススメします。

 

 

では、直前割と直前予約・申込みについて詳しくご紹介しましょう。

 

新幹線宿泊パックには直前割はない!

ホテル予約をする時に、直前に予約しても格安に泊まることができる「直前割」。
確かにホテル予約の場合は、「早割」「直前割」のどちらもお得です。

 

しかし、新幹線宿泊パックの場合、「早割」はあっても「直前割」は基本的には少ないです。
旅行会社によっては直前割プランもありますが、「直前割」で得することは少ないと考えておいた方がいいでしょう。

 

もし、新幹線宿泊パックを「早割」で予約するか、「直前割」で予約するかを迷った場合、間違いなく早めの予約がお得です
というのも、新幹線宿泊パックの場合、直前割でもそれほど安くなるわけではありません。
それよりも、もともと料金が安いので、特にキレイなホテルやお得なプランから先に売れてしまいます。
しかも、「早割」プランは多少なりとも安いです。

 

直前まで待って急に安くなることもなければ、直前にお得なプランが新たに出てくる可能性も低いです。
新幹線宿泊パックは「変更の可能性がなくなってきたらすぐ」予約しましょう。

 

新幹線宿泊パックの直前予約・申込み

新幹線宿泊パックの予約時期」のページでも触れていますが、新幹線宿泊パックの中にいくつか直前予約・申込みができるものがあります。

 

トップページ「新幹線宿泊パックを予約したら…」でもおススメしている日本旅行の新幹線宿泊パック3日前までJTB4日前までの直前予約・申込みが可能で、出発までにチケットを送ってくれます

 

さらに、チケットを店舗で受け取るなら日本旅行の「パッと乗レール」(山陽新幹線)というプランで2日前まで、「ツアー・ダイレクト(るるぶトラベル)」(東海道新幹線)なら前日14:59までネット予約が可能です。
ただし、予約・受取りができる店舗は限られ、営業時間内に店舗へ行く必要があります。

 

新幹線宿泊パックを直前予約する時の注意点

郵送の場合

正確には「宅配便」で届きます。
不在等で受取りができなかった場合には、通常の宅配便と同じように宅配業者の営業所やドライバーに連絡して、都合のいい時間に再配達してもらえばいいので簡単です。
もし、どうしても自宅で受取りができない場合は、勤務先を指定しておけば勤務先に届きます。
宅配の場合の注意点は、「受け取りができない場所を指定しないこと」のみでしょうか。

 

店舗受取りの場合

店舗受取りの新幹線宿泊パックは注意しなければならない点が…。
それは「店舗の営業時間」。
例えば、早朝の新幹線を予約する場合、その時間より前に店舗が空いていないこともあります。
そんな時は、当日受取りをすることはできませんので、前日までに受取りに行かなければなりません。
また、店舗の定休日には受取りができませんので同じく注意が必要です。
必ず店舗の営業時間や定休日を確認してから予約するようにしましょう。
また、受取り日時が前日までに限定されている場合もありますので、予約前に確認が必要です。

 

 

直前予約でもチケットは届く!

「宅配で出発までにちゃんと届くのか?」とご心配の方もいるのではないでしょうか?

 

私も一度直前予約をしたことがありますが、当然、出発前日にはチケットは届きました。
予約したのは日本旅行でしたが、希望した列車が満席だったため、メール連絡で列車を変更してもらっても、普通にチケットが届きました。
確かに不安ではありましたが、近くの支店から送ってくれるので、あまり時間はかからないようです。
ただし、直前予約の申込み期限は「3日前」になっていますが、午前中の予約が必要です。